水余りに逆行するダム建設を止めよう

2004年8月24日 18時01分 | カテゴリー: トピックス, 環境

八ッ場ダム 住民監査請求を行うための請求人募集!

 群馬県長野原町に建設中の八ッ場ダムは、東京・埼玉・千葉・茨城・群馬への都市用水の供給を主目的に50年前に計画された多目的ダムです。17年前に基本計画が作られましたが、地元の激しい反対運動の結果、工事は大幅に遅れ、いまだダムの本体工事には至っていません。
 国は事業費を2110億円から2.2倍の4600億円に引き上げるという基本計画の変更を関係各知事に意見照会しました。石原都知事は他県に先駆け12月都議会に提案。これを承認すると、東京都の負担は事業費ベースで870億円、水源対策特別措置法事業や基金事業、起債の利子を含めれば1300億円となるにもかかわらず、自民・公明の賛成で可決されました。
 審議にあたって生活者ネットワークは、現地視察の実施や八ツ場ダム計画中止を推薦都議、国会議員に要請するなど八ツ場ダムの建設中止を訴えてきました。そして、この不要なダム建設にストップをかけるため、東京都に対し住民監査請求を行い、八ツ場ダム計画からの撤退を求める活動に賛同し、請求人を集めています。

また、以下の集会が開催されます。ぜひご参加ください。

STOP THE YAMBA■住民監査請求報告大集会■
講演:脱ダム社会への道」田中康夫(長野県知事)
報告:「川辺川ダム利水裁判の勝利」(川辺川利水訴訟弁護団団長)
   「八ツ場ダムは何が問題か」嶋津暉之(水源開発問題全国連絡会)
   各都県の市民から住民監査請求の報告  
9月12日(日)13:30〜16:30/新宿住友ホール/資料代1000円
主催:八ツ場ダムをストップさせる市民連絡会