八王子の子どもは八王子で育てたい

2009年2月25日 12時17分 | カテゴリー: トピックス, 子ども・子育て

カリヨン子どもセンター・前田信一さんのお話から

2月のウイークエンドフォーラムでは、知的障がい福祉施設、児童自立支援施設、児童養護施設の職員を経て、子どものシェルター「カリヨン子どもの家」の立ち上げと運営に関わっている前田信一さんをゲストにお招きし、お話をお聞きしました。カリヨン子どもセンターは困難を抱え、行き場のない子どもたちのためのシェルター(緊急避難場所)・自立支援ホーム・弁護士による法的支援などを行なっています。

八王子には基幹の子ども家庭支援センターと地域の支援センターが5か所あり、相談機能は整備されつつありますが、一時保護の機能は不十分です。また、完全な自立までまだ支援が必要な18歳、19歳の子どもは児童福祉法の対象外になってしまうことなどを考えると、カリヨン子どもセンターのような一時保護の機能を備えた民間の支援センターの役割はとても大きいと感じました。

現在、東京都のしくみの中で一時保護機能は市部では立川・西部・八王子の3か所で、八王子の子どもが八王子の児童相談所に行けるわけではなく、一時保護と同時に子どもの生活圏が壊わされてしまう。八王子の子どもは八王子でみていけば、保護された子どもの負担は少なくて済む。誰一人、施設で暮らしたいと思う子どもはいない。八王子の子どもは八王子で、地域の中で育っていけるようにしたい、という前田さんの熱いメッセージが印象的でした。

前田さんの試算によれば、1軒家と人件費を含め、約1千万〜1千500万円が用意されれば、シェルターと一時保護機能を確保できるとのこと。次世代育成支援対策推進法による行動計画(八王子市子ども育成計画)の後期計画にこうしたしくみを盛り込んでいくことも提案していきたいと思います。

ちなみに、国の第2次補正予算を受け、市議会の3月議会の補正予算案には、「定額給付金の支給」として86億円が計上され、そのうち約3億円が事務費に当てられます。3億円あったら子どもの施策でどれだけのことができるだろうかと考えずにいられません。