安全保障関連法案 絶対廃案!! NO WAR ! 八王子アクション第2弾

2015年9月16日 14時05分 | カテゴリー: トピックス, 平和・人権

9月13日(日)「NO WAR ! 八王子アクション第2弾」。 天気予報を見ると雨の可能性もあり心配しましたが、天候に恵まれほっとしました。
今回は八王子駅北口前で10:00~18:00までの8時間ロングランアクション。
メインは16:30~17:45の「NO WAR ! 八王子アクション」でした。

前回と同様、若者2人のコールと幅広い人たちの参加で繰り広げられました。
大学生から始まり高校生、中学生のトークと続き小学生の朗読もありました。続けて若いお母さんからの訴えもありました。何と言ってもこの子どもたちのトークが秀逸。若い人や子どもたちの訴えが心にしみ、力をもらいました。

議員の方やいろいろな活動をしている市民の方もたくさん参加され、次々と廃案に向けての思いを訴えました。今回は国会議員の方もトークやメッセージで参加しました。
八王子・生活者ネットの前田よし子となるみゆりも自分の思いを訴えました。

 

 

 1週間という短い間での準備でしたが、今回も1,000人もの人が八王子駅北口を埋めました。
「絶対に法案を成立させない!」という思いの人がたくさんいると実感しました。

14日からの週が大きな山場です。
「八王子から国会へ!」を合言葉にこの八王子アクションでつながった人たちで毎日旗を持って国会に行っています。国会に行けない人は国会議員にファックスを送り続けている人もいます。
自分にできることをやり続けて、何としても安全保障関連法案を廃案にしましょう!

「NO WAR ! 八王子アクション」に参加された方から寄せられた感想を紹介します。

9.13 「NO WAR! 八王子アクション」に参加いたしました。
北口デッキを出たところからすでにたくさんの参加者がいて、誰でも自然に加われる雰囲気で参加しやすかったです。
今回来たくても来られなかった人も、きっとたくさんいると思います。
前田さんが言っていた「ひとりひとりが自分のできる範囲で、やれることをやる」ということを、みんなが共有していけば、必ず社会を変えていくことができると夕暮れの八王子で実感しました。
                              南大沢在住 Aさん

「ひとりひとりが自分のできる範囲で、やれることをやる」。本当にそうだと思います。
戦争をさせないこの運動は長く続きます。あきらめず、訴え続けていきましょう!!