第10回八王子平和強化月間参加企画イベント『五感で感じる私たちの平和と民主主義』でまた新しい発見とつながりが!

2015年11月13日 18時02分 | カテゴリー: トピックス, 平和・人権

「五感で感じる私たちの平和と民主主義」にようこそ!

2015年11月7日(土)、高尾の素敵なフリースペース「むみじか」をお借りして、1DAYイベント『五感で感じる私たちの平和と民主主義』を開催しました。
八王子・生活者ネットワークの平和人権部会が企画した、朝10時から夜の9時までという超ロングランのイベントです。

 

 

 

絵本の読み聞かせをする山崎翠さん
午前中は、国分寺で長年、憲法教室を開催している山崎翠さんによる絵本の読み聞かせと憲法のお話でした。
憲法は遠いところではなく、私たちの一番近いところにあるもの。
こどもに絵本を読み聞かせる中にも、平和と幸せが大事、という憲法の思想がしっかり入っていることを教えていただき、目からうろこの2時間でした。

午後は、1本目のDVD上映。『獅子たちの抵抗~国策の強制に抗う人々』です。
長年米軍基地を押し付けられている沖縄のお話と、原発事故のあと、救済されずに苦しみを押し付けられている福島の現状を結ぶドキュメントでした。
沖縄も福島も、何も解決していなくて、さらに犠牲を強いられています。
東京に暮らす私たちに何ができるのか、考えさせられました。

2本目のDVDは『アフガンに命の水を ペシャワール会26年目の闘い』です。
戦闘が続くアフガニスタンで用水路建設を行うペシャワール会の医師、中村哲さんたちを追ったドキュメント。戦闘地域に軍隊を送るのではなく、パンと水を必要とする人たちのために、用水路を作り、学校を作る中村医師たちの行動は、本当の国際貢献とは何かを考えさせてくれました。

Kyatの皆さんの歌と演奏

DVDの合間には、Kyatの皆さんの歌と演奏!
三線、パーカッション、キーボードとボーカルという、沖縄音楽をベースにした、人や環境や動物への愛を表現してくれる素晴らしい演奏でした。
後半は、弥勒(みるく)というユニットで、数曲の熱唱!

弥勒(みるく)の演奏で輪になって!

最後は、みんなで輪になって踊る、というパフォーマンスもあり、本当に贅沢な時間でした。

 

 

出し物の他に、生活クラブ生協の温州みかんジュースやお茶、いろいろなイベントで時々登場する加藤久人さん(リプトンさん)の手づくりカレーやぜんざい、今日のイベントの会場でもあるむみじかをお借りしてコミュニティバー(もっきんバー)を始めた大野のどかさんのオーガニックにこだわったアルコールや珈琲、おつまみ、カフェこすもすのパンなど、美味しいもので心も体も満たされました。

最後に代理人(八王子・生活者ネットワーク市議会議員)のなるみゆりさんと前田よし子さんのお話を皮切りに、会場全員でトークをしてお開きとなりました。

八王子来て日が浅いけれど、生活クラブが大好きで繋がってくれた方や、初めて参加してくれた方もいました。
遠くにレジャーに行くのもいいけれど、地元で、友人たちの作った物を美味しくいただきながら、生活に関する様々な思いを語り合えた、素晴らしい一日でした。
                             (平和人権部会 三鴨岐子)